2017年11月3日金曜日

Ample Pixy RDTA

バナーナ!🍌

Ample Pixy RDTA 4.5ml Atomizer  -  YELLOW
GEARBEST(外部リンク)で購入。
2541円(USD:22.33) 2017/11/3現在

まあ、ちょっとミニオンと違うんだけど、そうだよね。
GB見てたらこれが出てきて、その瞬間にポチッてしまっていた。
HGでも売ってたの気が付かなかったよ...orz
デッキ
デッキは普通にデュアルコイルに組みやすいです。ベースとトップキャップにはそれぞれを固定する突起と切り欠きがあって、エアフローを調節するリングをガイドするようになっています。
リキッドチャージ
リキッドはトップフィルで、中央の大きい穴からチャージします。ユニコーンボトルを押し付けて圧力をかけてチャージしましたが、リキッドの出口が広いのでそのまま滴下でもいけると思います。
リキッド出口
また、チャージ穴を塞ぐためにトップキャップに細工があり、Oリング付きでふたをするようになっています。これはよく考えていると思いましたが、穴の面取りはしてあるのですがOリングが切れてしまいました(笑) もう少し改良が必要ですね。
さっそくビルド
何も考えずに組んだ。そういえば、Quadは初めてやったような気がする。
コイルを固定した後にふと気になった。コットンをどうしよっかなって。
コットンをこよってコイルに通したあとに、その部分をカットしてタンクに入れるだけのスペースがないよな(笑)

ということで、4mmのシリカウィックをぶち込んで完成です。
と、変なことになると何かを忘れるんで、リキチャした後にドライバーンを忘れたことに気が付いた。ま、いっか。
完成!
で、とりあえず吸ってみた。まあ、いいと思う(笑)

エアフローは、目の部分がサイドフロー、口の部分がボトムフローになっていて、トップキャップを回転させることによって、

全開→全閉→口のみ→全閉→最初に戻る

となります。つまり、サイドフローでの運用ができないということになります。
全閉は1回だけでいいので、サイドフローのみもできれば良かったですね。

シリカウィックはコットンのように膨らまないので、タンクの穴を塞ぐことができず、吸うときに斜めにしていたようで、口から... (笑)

2017年10月28日土曜日

GEEKVAPE ATHENA SQUONK KIT

HEVEN GIFTSで購入
GeekVape Athena Squonk Kit with BF RDA (外部リンク)
購入時金額 : USD 38.10(10周年記念価格)

初のBFメカMODです。(メカMODも初。KARMAはメカだと思ってたらハイブリッドだったというwww
アトマはいつもとデッキの形がかなり違います。

パッケージ内容
LDPEとシリコンのボトルが付属しています。スペアボトルはシリコンのみで価格はUSD 4.66(HG/2017-10-29現在)です。

所有しているBFのMODではLDPEしかなかったのですが、触ってみるとシリコン製のボトルはフニャフニャ柔らかいです。

アトマとボトル
アトマイザーは24mmで、ステンレス製。

アトマのアップ
トップキャップのATHENAと書いてあるエアフローコントロールリングを回してエアフローを調節します。
突起でもあれば回しやすく可動部もわかるのでいいのですが、ここは残念なポイントですね。
コイルにエアーが当たる位置にトップキャップとベース部分は同じ場所に固定されるようになっています。エアーのためかも知れませんが、私的にはMODからの取り外しが楽になっていいです。(OBSのCheetarにもあって便利でした。)

デッキ
デッキはポストレスです。VAPORESSOのTransformerRDAのようにポストを立てる部品は付いてきません(^-^;
ネジはマイナスの精密ドライバーで回します。

セットしたところ
メカってことで、ビビッて1Ωで組んでしまった。
VTC5が本物であれば0.2Ωあれば21Aなんで一応許容範囲なんだろうけど、いつもテクニカルを使っているとビビる。コイツとKARMAでは0.5Ωを下回らないようにしよう。身の安全とバッテリーのために。

MODの良いところとしては、ポジティブピンのコンタクト部分がスプリング式になっているところです。届いた後に公式HPを見に行って初めて知った(笑)
あと、パフボタンのロックがあるところかな。ロックすれば結構強い力で押しても通電しなかった。バッグに入れるときはさすがに外すことになると思うけれど、胸ポケット位ならこのロック機構で全然問題ないと思う。
それと、タンクも押しやすいかな?シリコンで柔らかいからかもね。

逆に不満な点は、バッテリーはちょっと入れづらいかなー。出すのは反対のパネルを外して押し出せばいいんだけど、VT inboxが結構軽くバッテリー交換ができたので。気を抜くと被覆を削っちゃうかも知れない。角を削っちゃうかな。

所有BFMOD
今の時点で持っているBF機を並べてみた。ATHENAがかなり小さく見えます。
制御基板がなかったりするんで有利ですな。手が小さい人でも楽に使えるでしょう。

DRIPBOX最近使ってないなあ。(アトマは並べるために急いで別のMODから付け替えました。AVOCADOはBF非対応ですwww


色々書きましたが、アトマイザーもMODも気に入りました。買ってよかった。

2017年9月3日日曜日

シリカウィック

今回の記事は、コットンに押されて虐げられているシリカウィックについて。

まあ、シリカよりコットンの方がおいしく吸えるということが実証されているらしいのでいまさら感があるんだけれども。
ひとまず、自分が使ってみた結果、シリカも十分アリかなあと思う。使い方によるけれども。

Avocado に Peach Splash をチャージしてガンクをバッチリ付けましたよ。
真っ黒ですね~。こうなってくるとコットンではコイル内で炭化してますね。
ウィックを抜いてみました。シリカウィックはどんな感じでしょうか。
ん?コゲ..てる?ちょっとつついてみましょうか。
溶けたガンクがしみ込んだり色移りしたようですね。リキッドはまだまだ供給できそうです。

ということで、コイルにガンクがついてもリキッドの供給はコイルの中心までちゃんとしていそうな感じです。しかしながら、コイルにガンクが付いていては美味しくないですね。

ガンクが付けば結局リビルドすることになるので、シリカでもコットンでもどちらでもいいということになる(笑)
使い勝手はコットンの方がいいかな。柔らかいし膨らむし。
でもコットンだと臭いが気になる。コットンラボ→KohGenDo→無印良品と乗り換えして探してる。
シリカウィックはタンクの中で目立たないのがいいんだよなあ。

いまは、ネジネジアトマ(V-RDA)に無理やり4mmで巻いたコイルを押し込んでシリカウィックを付けた。 BF運用で一週間運用してみようと思ってる。

2017年7月19日水曜日

リキッド試飲 その4(ZAMPLEBOX7月分/残り2本) 今月の感想

あと残り2本です!

PARK AVE
tart strawberry lemonade
(50% VG)
久々にVG50%のリキッド。ちょっと味が薄いかなーっていう感じがする。
ただ、薄すぎではないのでチェーンできる味と言った方が正解ですね。
(FUNNY BUNNYが濃すぎる(だがしかしウマイ)というだけ。)

THE BIG EASY
pastry & powered sugar
(70% VG)
甘いケーキというかタルトというか、おいしいんだけど甘い(笑)
スイーツ系が好きな人におススメです。PARK AVEと比べると、甘さががはっきりしている分、こっちの方が好きかな。
スピットバックが甘くておいしいwww 0mgで良かったなあ :-)


ということで、サクッと11本吸ってみました。
自分的には今回の外れリキッドは、「BARK」(root beer float)で、当たりリキッドは「FUNNY BUNNY」(classic cereal)でした。

自分でチョイスすると、なかなかこういったリキッドを購入しないので、Tonyが勝手に選ぶ(と言っても好みを登録してあるけどw)のもいいかも知れない。

また来月が楽しみだ。

2017年7月17日月曜日

リキッド試飲 その3(ZAMPLEBOX7月分/残り5本中の3本)

なんと!メニュー表と違うリキッドが入っていました。
自分でチョイスしたワケでもないし、色々な味を楽しみたくZAMPLEBOXに加入したので良いとしましょう。

Apple Shake
Apple, Ice Cream
(70% VG)
Tonyのレシピ通りなら、Breezy Shake(Strawberry, Ice Cream, Milk)になっているんだけど、これが間違って入っていた模様。
本来入っているべきモノは来月入れてもらうとして吸ってみた。
甘いけど普通においしい。
どうもリンゴとなると、昨日のMT.FUJIに引っ張られてシナモンの香りが思い浮かぶ。


FUNNY BUNNY
classic cereal
(70% VG)
他者のレビューを見ると、どうやら有名なシリアルの味(amazon外部リンク)を再現しているようです。Trix自体食べたことがないけれど、ボトルを開けると柑橘系のいい匂いがする。
吸ってみると、ライムのような感じなのかな?旨い。

シリアル繋がりで言うと、DOJOと同じジャンルになるのかな。
どちらかというとDOJOもおいしいけれど、こちらの方がもっと好きだな。


LIMON CELLO
light & refreshing lemon
(70% VG)
どこかで見聞きして、いつか飲んでみたいと思ってすっかり忘れていたリモンチェッロ。
甘いリキッドに飽きたら吸いたいスッキリするおいしいレモン味。
レモンがもう少し強くてもいいような気がしますが、効きすぎるとすっきり感が無くなってしまうかな...


今月は11本なんで、残り2本です。アトマのビルドで忙しいなあ(笑)

リキッド試飲 その2(ZAMPLEBOX7月分/残り8本中の3本)

引き続きZAMPLEBOXのリキッドを吸ってみます。
今のところ、前回よりはいい感じかもしれない。本数増やしたりメントールを外してみたりしたしね。


MT.FUJI
apple pie & vanilla ice cream
(70% VG)
甘い。バニラも感じるがシナモンが強い印象。そのためかリンゴがあまり感じられなかった。
フランスではなく、シナモンの入ったアメリカ風のアップルパイが好きな人はおいしく吸えます。
シナモンがあまり好きじゃないひとは、ちょっと無理かも知れませんね。
自分はバニラ系が強いと苦手なんですが、これは全く気にならないですね。
おいしいです。
試飲している間、爆煙で部屋と廊下が(=゚ω゚)ノモーモーになってましたwww


RED SMASH
watermelon candy
(70% VG)
スイカです。前回きたCyber Liquids CYBORG PLASMAやEmoji WATERMELON GUMMYよりおいしいと思います。
でも、冷えたスイカにかぶりついて味わったのとちょっと違いますね。それが「candy」部分なのでしょうか。
とは言え、ラベルのイラストはこんなですがおいしいです。


THE GET DOWN
(70% VG)
スイカレモネードらしい。今回もスイカ味がダブって来てるな(笑)
これは、スイカ、レモン、イチゴが潜んでいるらしい。多少の甘味はありますが、RED SMASHよりは甘くないと思います。

KAMIKAZEのスイカアタックもどうなのか吸ってみようかな。
薄荷入りみたいだし比較にならないか。


あと残り5本だ。

2017年7月15日土曜日

リキッド試飲(ZAMPLEBOX7月分/11本中の3本)

今月は11本のプランに変更してみました。
Tonyのチョイスで順番に吸ってみます。

BARK
root beer float
(70% VG)
残念ながらルートビアを飲んだことがないっす。
本物(飲み物)でも好き嫌いが分かれるようなので難しいところなんだろうなあ(笑)
個人的にはあまり好きではないほう。とすると、ルートビア自体も飲めなさそうかも。
(フロートにするとおいしいらしい。でも、このリキッドもフロート^_^;)
ビレバンに売っているらしいから、行くことがあって思い出したら買って飲んでみるかな。
そういえば、ドクターペッパーもニガテ。

ドクターペッパーと言えば、伝言ダイヤルか混線で知り合った女の子と渋谷でビリヤードして初めて飲んだ甘酸っぱい記憶。ってことはどうでもいい(笑)


DOJO
lucky charms & milk
(70%VG)
調べてみると、アメリカでは人気(!?)のシリアルなんだそうな。
シリアルはケロッグコーンフロスティとかチョコワとかチョコクリスピーばかり食ってるけど、こういうもの(amazon外部リンク)みたい。
チョコクリスピーとかシリアルを食べ終わった後に飲む、ミルクに溶け出したチョコがおいしいんだ。

再現性は食べたことがないから分からないけど、味としてはおいしいと思う。
超甘いシリアルにミルクをかけたらこんな感じなんだろう。

甘い系が好きなら気に入るかもね。自分はおいしいと思うけど少しでいいかなー。


KIWI STRAWBERRY
kiwi strawberry
(Max VG)

フルーツ系のリキッドが好きな人であればお勧めできるリキッドだと思います。
おいしいです。 DIYしてみたい組み合わせですね。
半分くらい吸ったら清涼剤を入れて変化を付けてもおいしいかも。
ラベルには90%VGと書いてありました。


今回から本数が増えるので、おいしいリキッドばかりだといいなあ。

2017年7月9日日曜日

Laisimo Wyvern X7 235W

GEARBESTで発見してすぐにポチッてしまいました。
$37.99

赤くてカコイイ!
Laisimo Wyvern X7 (technical mod)
外観ではすっきりしていていい感じだと思います。 また角ばっていないので18650が2本入っているのに持ちやすく感じました。
(左)Wyvern X7 (右)L3 Touch
ということで、自分で所有する LAISIMO は2台目になります。
L3 Touch と比べてみると、L3 は角ばっていて、X7 は絞られているという印象ですね。

バッテリーカバーはマグネットとスライドでロックします。
VTC6 を入れてみましたが、寸法的に余裕がないのかちょっと入れずらい気がします。
恐らく、L3 は下部のピンが押し込まれるのですが、X7 は板バネタイプなのでキツイのでしょう。

アトマを装着し、パフボタン5回押しで電源を入れます。すると、「新しいアトマイザーか?」と聞いてきますので、+か-を押してYesを選ぶとコイル種類の選択に移り、Noを選ぶと直前のモードになります。
INNOKINのようにアトマを付け替えると聞いてくるのも良いですが、OFF/ONで聞いてくる方法もアリですね。
(吸っている途中で思い出したように聞いてくるようなMODよりよっぽどいい。)

使い心地としては、温度やワット設定の切り替え時に+-同時押しをしますが、その際に先に押したボタンも有効なので、1℃ずれたり0.1Wずれたりするのが気になる(笑)

個人的には画面に絵はいらないので、文字を大きくしてくれた方が嬉しいんだけど...

幅も奥行きも iStick Pico とあまり変わらず持ちやすいので、200W 越え MOD を購入予定であれば検討しても良いと思います。 さすがに高さは負けますけど(笑)


2017年6月17日土曜日

GeekVape Medusa Reborn RDTA

GeekVape Medusa Reborn RDTA

HEVENGIFTSで購入 (購入時価格:JPY 3,630.73)


前回 iStick Pico 25 の記事で、25mmのアトマを持っていないと書いたけれど、これ持ってましたね(笑)

BFのRDTAが欲しかったので購入を決めました。 買う前の下調べでは、デッキが自分の苦手な横並びタイプ。
一つ目のコイルは問題ないのですが、二つ目は内側の穴にコイルを通す際に、既に一つ目のコイルで穴の前方が塞がっているので通し辛く、カットもし辛いので苦手です。


内側が上に、外側が下に穴があれば全く問題がないんですけどね。
やっぱり、AvocadoやTrollV2のようなデッキがビルドしやすくていいなあ。



BFピンに変更しての使い心地はすこぶるいいです!
BFなのにタンクが必要かあ?ってな感じもあると思いますが、やっぱりアリですよ。これも。
(=゚ω゚)ノモーモーとチェーンしても全く動じないリキッド保持量!これはすごい。(RDTAなんだから当然ですね...)
BFのRDAだと、ドライヒットするのを嫌ってちゅっちゅしすぎ、いつもじゅるってしまうのですが、タンクがあると過剰供給してもタンクに溜まってくれますからね。


温度管理なのでそれほど(=゚ω゚)ノモーモーしていませんが、ケムも味もしっかり出ている気がします。

Pyrexタンク版も出てほしいと思います。あ~デッキも変更してあったらまた買っちゃう(笑)


Eleaf iStick Pico 25

iStick Pico 25 が出たので入手。

Eleaf iStick Pico 25(White/Green, Black/Red)
HEVENGIFTS JPY 2,670.41(購入時価格)

Pico は、なんだかんだ言って MEGA(26650対応) 以外は買ってることに(笑)
所有する Pico シリーズ
(左から、初代Pico, Pico Dual, Pico 25, Pico 25)
今回の Pico 25 は、パッと見ると OLED が大きくなっていてパフボタンも大きいです。
単純に25mmに広げただけじゃなくて、改良もしてきたところは評価ポイントです。
初代と比べるとUSBポートの形にくりぬかれて挿す方向がわかりやすくなった。

初代とのサイズ比較
横幅は初代は45mmで25は48mmで3mm大きくなりました(笑)
デザインが変わったのが目について、サイズの変更なんてほとんど分からん。3mmだしね。
重量は初代135gで25は143gでした。(両方ともアトマイザーは外してVTC5が入っています)

カバーとのクリアランスと電池室の状態は次のようになっています。
上:25 / 下:初代
ちょっと見にくいですが、25には Avocado24 が装着されているので隙間がまだあります。まだ25mmのアトマは所有していないはずなので確認していません。
ベントホールは初代と(ほとんど)同じです。

すべての Pico に言えることですが、アトマイザーを交換しても、
---------------
New Coil +
Same Coil -
--------------- (みたいなやつ)
この表示がでることが稀なので、必ず出してほしいところです。
外してもいないのに出てくることはよくあるけど(笑)
これは INNOKIN の MOD はきちんとできているところです。

また、カラフルになったのはいいことですが、メタル感がなくなってしまってすこし残念です。

18650 交換式で小さく25mmまで使える本機は、色々不満もありますが買ってよかったと思います。(しかも2個も買ってるしw)

2017年5月7日日曜日

WOTOFO Serpent RDTA

WOTOFO Serpent RDTA
HEVENGIFTSで購入(JPY 2,507.92/30%OFFクーポン適用)


Serpent RDTA
WOTOFO は2個目のアトマイザーかな。前回は TrollV2 です。

先ほど Mad Dog RDA をビルドして吸ってたのですが、今日これも届いたので早速ビルド。

デッキ
シングル専用デッキですね。そしてネジで直接固定しないタイプです。いつもは Velocity タイプのデッキばかりなので少し手間取りました。
手巻きクラプトンとか太めのワイヤーだと良いかも。今回は SS316L 28GA を使いました。

ボトムエアフロー
リキッドはトップキャップを外して横から注入します。
(画像のエアホールの反対側にあります)

1.4Ωで組んだ(=゚ω゚)ノモーモーは、こんな感じです。

なかなかいいです。
ちょっと気になったのは、エアフローを絞ると吸気音がぴーぴー大きく鳴りますね。

Desire Mad Dog RDA

Desire Mad Dog RDA

GEARBEST で購入(2,413円)

DESIRE MAD DOG RDA
所有する Desire ブランドは YURI RDA に続いて2個目です。
YURIは FLAVOR RDA と謳っていて、水ようかんみたいな面白いパッケージでしたが、今回の Mad Dog は普通の箱でした。

なにやらネジが多く入っているなと思ったら、マイナスドライバーでも使えるように付属しているみたいです。面白いですね。

デッキはこのような形です。

横並びの場合は、千鳥で使うのが正解だと思うのですがどうなんでしょうね。
一つ目は楽だけど二つ目は足のカットがしづらい。

Desire はエアフローの形が特殊で斜めにカットしてサイドエアフローだけどボトムエアフローのような形になっているのがポイントですね。

そして(=゚ω゚)ノモーモー具合はどうかというと...
こんな感じです。
すごい(=゚ω゚)ノモーモーでSS316Lで組まないと喉が危険かも(笑)

いいアトマだと思います。
ですが、YURIもそうでしたがデュアル限定なので、シングルでは組めないところが要注意です。

2017年4月30日日曜日

OUMIER WASP NANO RDA

小さいRDAを +Hal Ym さんからいただきました。ありがとうございました。

まずはどれだけ小さいのかという比較です。
WASP NANO RDA
NUGGETに載せてみました。だいぶ小さいですね。
小さいアトマの比較
左からWASP NANO RDA、EHPRO NixonV2、どっかのクローンRDTAです。
自分が持っていた小さいアトマより小さいです。

早速ビルドしてみます...
やってしまいました(笑)
MODにピントが合ってしまいましたが、UD Staggered Fused Clapton Coil 0.2 ohm(SS316L)でビルドしました。

特徴的なデッキなのでコイルが接触してしまう可能性が他のアトマより高いかと思います。今回は結構ギリギリでしたね。

そして焚くとね、熱いワケですよ。クラプトン。(=゚ω゚)ノモーモーさせますから(笑)。 そこでドリチの登場です。
これでウイークポイントだと思われる「熱い」と「スピットバック」の問題も低減できます。 そういえばNixonV2も相当熱かった気がする。

実際に使うであろう状態でPicoに載せるとこうなります。
Eleaf Picoと

Eleaf Pico Dualと
また、ジュースウェルが結構あるのですが、今の状態だとコットンで見えなくなってしまうため、リキッドがあふれてしまうこともあると思います。 リキチャ頻度の高いRDAではちょっと困りますね。そのためのBFピンなのかも知れませんが。

味やモーモー具合については問題ないレベルだと思いますよ。まだ1回しかビルドしてませんけど^-^;

他人のブログでは散々な言われ方をしているアトマですが、同じような色や形をしたトップキャップのアトマイザーもありますし私は気になりませんでした。まあ、感じ方は人それぞれなんで。
もしかすると自分のは510ドリップチップが使えるので、その人のは違うアトマなのかもね。似てるけど。




忌憚のない意見を言えば、小さいMOD用に小さいアトマを探している人やシングル専用でもよい人、BFアトマを探している人ではアリだと思います。


HEVENGIFTS では US$ 19.90 で、PreOrderです(2017/4/30)。

2017年3月26日日曜日

DIYリキッド

VAPEには必要なものが結構あります。

タバコなら、たばことライターと灰皿ってところですが、VAPEの場合は、MOD(バッテリー)、アトマイザー(コイル組込済)、そして本稿で扱うリキッドです。

たばこの場合は色々なブランドで様々な銘柄がありますが、VAPEでもそれはもうたくさんのメーカーでたくさんのフレーバーが発売されています。

アマゾン(外部リンク)を見ると、そーとーな数がヒットします。 この中にはリピートしているものや、正直言って買って失敗したものもあります。

そして、だいたい高い。15ml しか入っていないのに千円以上します。
中にはXLVAPOR(マルゴ)のように価格破壊に挑戦している応援したいメーカーもありますが、まだまだ高いと思います。

しかも、たばこのようにコンビニに行けば売っているものでもないので、在庫を切らしたらアマゾンに注文して待つか、お店に行って入手しないといけません。

ということで、それらの問題を一気にDIYで解決しちゃいましょう(笑)

まず用意するものは
・フレーバー
・ボトル
・グリセリン(VG)、プロピレングリコール(PG)
です。

◆フレーバー
リキッドに味を付けます(そのままじゃんw)
そのまま使ったり、他のフレーバーとミックスするなり自分の好きな味に仕上げましょう。
レシピも色々公開されてますけど、適当でいいんです。適当で。
で、入手先なんですが、10mlで100円から購入できる ティアンドエム(T&M)で購入しています。
フレーバー
(これだけ集まると、色々な香りがミックスされて...)
他に、エッセンスやオイルも売っていますが、フレーバーが一番使いやすいです。
(エッセンスは熱に弱くVAPEに適していません。オイルはスピリタスなどアルコールで溶かす必要があるので使いにくい)

WEBサイト制作に関わる者としては、ちょっと考えてしまうショッピングカートですが、気にする人はFAXで注文して代引きで受け取ることもできます。

◆ボトル
リキッドを作り置きするのに必要です。私は例外もありますが大きめの容器で作ってから、アトマに注入するのが楽な小さめのボトルに入れて持ち運んでいます。
ユニコーンボトルなどは通販で、大きめのボトルはダイソーやシルクなどの100円ショップで調達します。
ダイソーの調味料ボトルと
ユニコーンボトル。
手前はT&Mフレーバー

◆グリセリン(VG)・プロピレングリコール(PG)
なにやら怪しげなカタカナの液体です。とりあえず両方とも食品添加物なんで危険なものでもないと思います。なんでもやたら気にしていたらきりがない。水でも危険な物(DHMOとは)だしw。
ファンタジーのVGとPG
クサノハのVGとPG
上記のものはナマゾンで買っていますが、薬局でも売っています。
グリセリンもプロピレングリコールも保湿剤とか自分で作られている方もいるようです。

このなかで、すぐに手に入らないものはフレーバーかな。ひょっとしたら製菓コーナーで何かしら売っているかも知れませんね。
まあ、緊急時にはVGだけで吸っててもいいです。VGだけでも甘味はあるし、(=゚ω゚)ノモーモーできます。

◆調合(作り方)
ボトルに適当に入れて振れば完成!以上!
ほんとにこれだけ。比率はお好みで。
一応画像も撮ったから載せておきます(笑)
フレーバーを
ボトルに
適当に(お好みの量を)垂らして
PGを
適当に(お好みの量を)流し込み
VGを
適当に(お好みの量を)流し込み
振ってよくかき混ぜて
完成!

もうね、シリンジとか色々買ったけど、ほんとに使わないよ。適当だもん。

HILIQのクーリングエージェントを使うときは瓶の構造上シリンジ使うけど、滴下できる瓶に入っていたら使わないだろうな(笑)
(10mlのがなくなったら30mlのを買って、ニードルボトルに移し替えたらシリンジの出番がなくなるな)

あとは、メンソール好きな人は薄荷脳をパラりと入れればす~っとしますよ。


--最後に--
日本ではニコチンは医薬品にあたるため、それを含むものの販売や譲渡、交換などは薬事法等に抵触する可能性があります。
タールとは縁が切れたのだから、どうせならニコチンともさよならしましょうよ。

というか、リアタバは 0.1mg のを吸っててニコチンよりメンソールとかの味で吸ってたようなものだから、すんなりニコチンを絶つことができたのかも。

あと、ノンニコならじゅるってもおいしいよ(笑)