2017年3月3日金曜日

VAPEを自分でビルドする

クリアロからステップアップする場合、ビルドするために必要なものが多いので紹介しておきます。
と言っても、自分も VAPE に足を突っ込んでまだ一年経ってないので、間違っていることもあると思いますが。


まずは、アトマを決めましょうね。 クリアロからなので RTA や RDTA が良いでしょう。RDA をお勧めしない理由としては、そんなしょっちゅうリキチャしたくない(めんどいしイガりたくない)ってことです。

前置きが長くなりましたが、最初に買うアトマのおすすめは...
GEEKVAPE AVOCADO24
これです。上にデッキがあって下にタンク。漏れようがないので安心!
現在も使用頻度が高いアトマです。 いつも何かしらリキッドが入ってますね。
最近カラフルなのがでたり、ボトムエアフローの奴も出てますが、これをお勧めします。
ガラスなど消耗品も出回っているので長く使えそうです。


次は、コイルを作るために必要なワイヤーです。持っている MOD にもよりますが、TC (温度管理)非対応の場合はカンタルかステンレス (SS316L) をチョイスします。
カンタルは温度管理ができないことになっていて、SS316L は温度管理でもワッテージでも使えるようです。
TC 対応のMODなら、ニッケルやチタンを対応していればそちらを使うのも良いでしょう。
ちなみに私はカンタルと SS316L しか使ったことありません。(ニッケルとニクロムは持っていますが...)

ワイヤーも色々なメーカーから様々な種類が発売されています。クラプトンとかそういったのは最初に買わず、カンタルの 28GA 位をチョイスしましょう。
GEEKVAPE Kanthal A1
私はいつも GEEKVAPE のワイヤーを使ってますね。ワイヤーがばいーんしないリールです。まあ、たまに中でばいーんしていることもありますがね(笑)
入手のしやすさや値段などで決めてもいいでしょう。私は個人輸入する際についでに購入していて、5巻は常にストックしてます。


そして、最後の必須アイテムがコットンです。
もし奥さんがオーガニックコットンをお使いなら分けてもらいましょう。
ウチはシルコットというのを使っていて、VAPE には向かないタイプみたいなので私がコットンを買ってウチの奴に分けてます(笑)
無印やアマゾンでも簡単に入手できます。
コットン
画像のコットンは L サイズですが、M サイズでもいいと思います。1枚で2~4回分くらい使えます。


ひとまず、アトマと消耗品はこれだけですが、ビルドするためには工具が必要です。
ただ、専用の工具が必要ということではなくて、すでに持っていたり代用ができるものがありますので、全て揃える必要はありません。
また、アトマが使うビスなどを回す工具はアトマに付属していることもあります。

・ニッパー
 爪切りでやっている人も見かけますね。私が使っているのは切れ端が飛び散りにくいタイプです。

・コイルジグ
 精密ドライバーに巻き付けてもいいです。コイルジグを使うとマイクロコイルが作りやすいです。スペースドコイルは精密ドライバーの方が作りやすいかな。
(実は2つ混ざってます)
・ピンセット
 私は先端がとがっている方が使いやすいと思います。先端がセラミックになっている奴は、MODでコイルを焼きながら調節するのに使いますが、なくても問題ありません。

・コットンフック
 コットンを穴に通したり、ほげほげするのに使います。ピンセットの先がとがっていたら必要ないですね。タンクにコットンを通した後、位置を微調整するのにあると便利ですね。

・ハサミ
 よく切れるハサミがあるといいですね。私はふあふあ(ネコ)の毛を切るのに買って使っていない奴を使ってます(笑)

・オームメーター
 ビルド台としてやドライバーンをする時にも使えます。あれば便利ですが、なくてもテクニカル MOD を持っていれば抵抗値も測れますし、MOD でドライバーンもできるので必須ということもないです。

他に精密ドライバーや6角を持っていると何かと便利です。


まあ、こんな感じです。
(=゚ω゚)ノモーモー